<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『呉漢』

0

     

     

     

     

     

     

    久しぶりに中国歴史小説を読んだ。

     

    book

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    book

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    三国志の前の後漢時代を作る劉秀を、軍事面で支えた呉漢の人生を書いた本だ。

     

     

    めちゃくちゃ面白かった。

     

     

    ビールとポテチが進むパターンです。

     

     

     

    雇われ百姓から身を起こして、人を見る目と己の人格で次々に優秀な人材を惹きつけていく。

     

     

    陳腐な言い方だけど、人を見る目の大切さを改めて感じた。

     

    人の話す言葉、動き、身の処し方を見て信用できるかどうかを判断する。

     

    彼にはそれが出来たから、信用できる人間に信用を持って接した。

     

    それを意気に感じて、彼らは呉漢に尽くした。

     

     

    「石が黄金になることがある」、そういう人物がいるという本文中の言葉が正に当てはまります。

     

     

     

    人を見る。

     

    苦手だけど、意識して死ぬまで訓練していこうと心に決めました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    【Words】

    "僕の人生も、よく恥をかいたもんだ

    君ね、恥をかくことを恐れたら大物にならないよ"

     

                  盛田 昭夫

     

     

     

     

     

    自分の恥を人前で話せる人は、信用できる人の一つの要素だと思っています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    tomoki * Reading * 10:25 * comments(0) * trackbacks(0) * -
    このページの先頭へ