<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

炒飯ハシゴの旅(日帰り台湾)

0






    夏休みが終わりに近づいた8月最終の土曜日。


    いろんなタイミングが重なって
    日帰りで台湾に行くことにした。


    しかも日帰りで・・・



    「旅はテーマだ」
    ということで企画してみる。


    台湾と言えば
      ↓
    中華が世界一美味い。
      ↓
    特にチャーハンが美味い。



    決定です。

    限られた時間で炒飯を食べ尽そう。



    ということでネット検索だ。


    こんなん出てきた。

    ranking




















    2013年に
    台湾全土でインターネット投票が行われて決定したランキングだ。


    投票数は11万人を超えたとのこと。



    滞在は台北に実質4時間程なので台北以外の店は無理。


    2位の店は小籠包で有名な店なので待ち時間を考えてパス。


    3位の店は炒飯のメニューが肉系しかなかったのでパス。



    ということで、
    ランキングからは1位と6位の店、
    台湾通の方々から絶賛されていた「青葉」、
    ネットで見つけた台湾大学近くの学生に人気の店、
    もし時間があればランキング2位か9位の高級店に行くことにした。






    当日
    朝8:40関空発のため5時過ぎに家を出る。


    順調にチェックインを終えてロビーでリラックスタイムだ。


    時間通りの搭乗です。

    airport



















    空へ。

    sky

















    ひさしぶり〜

    sky




















    予定よりも10分程早く
    現地時間10時過ぎに到着した。

    助かるわあ〜



    入館審査は激混みでタイムロス。

    airport


















    それでも思ったより早く出れた。



    11:05のバスに乗る。


    桃園国際空港から松山空港までの移動だ。


    もっと早く着くかと思ったけど1時間くらいかかった。

    airport




















    バスを降りて早歩きでランキング1位の店へ。


    10分程で到着です。

    「民生炒飯専売店」

    minsei


















    いい店構えだ。


    テーブルは2つのみ。


    現地の人たちはほとんどが持ち帰りで注文してる。


    メニューはこの看板で見る。

    menu


















    学生時代のバイト知識が活きる。


    迷わず蝦仁炒飯を注文した。



    鍋を振るオヤジも完璧だ。

    chef





















    今までの経験から調理人が
    太っていること
    汗かきであること
    薄着なこと
    は激ウマ炒飯店の共通項だ。




    期待大だ。




    30分待った。

    fried rice


















    シンプルだ。

    でも美味い。

    いやめちゃくちゃ美味い!



    さすがです!





    大満足で次へ。



    予定時間少しオーバーなのでタクシーを使った。



    10分少々で「青葉」に到着した。

    aoba





















    ちょっと高そうな雰囲気だぞ・・・

    restaurant



















    メニューを開く。


    蝦仁炒飯(小)398とある。

    日本円か?

    いやいや違うな。


    ということは398台湾ドル(約1300円)か!


    勇気要るなあ〜



    カードが使えることを確認して注文した。


    そういえば昔バイトしてた店に雰囲気が似てる。



    来ました。

    fried rice


















    激ウマです。


    味が深い。


    初めての味だと思う。


    さすが高いだけあるなと思うも、
    カネかけて高級食材を使うわけでもない炒飯なので値段は関係ないな。



    めちゃくちゃ悩んだ挙句、持ち帰りを追加注文した。



    待ってる間にサービスでデザートを頂いた。

    desert

















    日本のぜんざいの台湾版みたいだ。


    正直、これからの連続炒飯を考えるとパスしたかった・・・




    一気に食べて外へ。




    かなり苦しい。





    少し時間に余裕ができたので地下鉄で次の店に行く。




    駅まで10分程歩く。



    途中、気になる広場を発見。

    street

















    立ち寄りたかったけど
    止まると腹が苦しいのであきらめた。






    地下鉄に乗って龍山寺駅で降りる。



    ちょっと迷いつつ
    徒歩数分で次の店に到着した。



    ランキング6位の店だ。

    名前は読めない。

    restaurant


















    ランチタイムが14:30までで
    その前ギリギリに駆け込んだ。

    店内は狭くて4テーブルくらいしかない。

    inside





















    ここでも蝦仁炒飯だ。

    fried rice


















    タイ米でシンプルな味だ。


    今までのと比べるとかなり落ちる。



    スープがセルフで飲み放題だったけど、もちろん飲めるわけがない。




    無理矢理たいらげて外に出た。




    次は台湾大学へ。



    地下鉄を乗り継いで30分程で最寄り駅に着いた。


    10年前にも訪れた台湾大学前を通る。

    university


















    10分程歩いて着きました。


    ネットで見て一番美味そうに見えた炒飯の店だ。

    restaurant



















    大学生に大人気の店らしく、
    15時を過ぎているのにほぼ満席だった。



    炒飯以外もめちゃくちゃ美味そう。



    でも既に炒飯も完食できそうにない・・・



    持ち帰りにした。





    外に出て1口だけ食べる。

    fried rice


















    あーうまい!


    シンプルだけどメチャクチャ美味い!


    普通の状態で食べたら1位もあり得ました。





    そうこうしてると時間がヤバイ。



    台北駅周辺で16時のバスに乗らないとチェックインが危ない。




    台湾大学に別れを告げて
    なんとか16:15のバスに乗れた。




    雨が激しくなる。



    まずまずの時間に空港に到着。

    airport




















    チェックインを無事済ませて待合室へ。




    ここで搭乗時間が遅れる。



    搭乗してからも遅れる。




    なんと予定時間よりも2時間弱遅れだ。







    そして関空に23時前に到着。



    終電を逃して空港内のイスで寝ることに。



    久しぶりやなあ〜







    次の朝
    始発に乗って家に帰りシャワーを浴びて仕事へ行った。



    しんどかったあ〜



    でも台湾の炒飯やっぱ最高でした!




    次に行ける時は
    前に士林夜市で食べた路上炒飯をもう一度食べたい。。。











     
    tomoki * Taiwan * 23:54 * comments(0) * trackbacks(0) * -
    このページの先頭へ