<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

マレーシア

0

     

     

     

     

     

     

    朝4時頃に目が覚めた。

     

    バスはペナン島に渡る大きな橋を渡ろうとしていた。

     

     

    しかし、快適と聞いていたバスはそうでもなかった。

     

    確かに席はゆったりめだったけど、1人席の最後方だけは微妙に狭い。

     

    しかも前のおっちゃんがこれでもかと倒してくる。

     

    ずっと足で抵抗してた。

     

     

    クーラーガンガンでめちゃ寒いと本にあったのに全然だし。

     

    フィリピンの長距離バスではほんとに凍えるような寒さだったので、学習してユニクロダウンを持参してたのに。

     

     

     

    てなことを考えながら、ペナンのバスセンターまでの道を暗闇ながら眺めていた。

     

     

     

    もう一度同じ橋を渡って今度はバタワースに向かう。

     

    今日1日のことを考えるともうひと眠りしたかったけどできなかった。

     

     

    音楽を聴きながら、ぼーっと外の景色を眺めていた。

     

    実はこういうの大好きです。

     

     

     

    5時過ぎにバタワースのバスターミナルに到着した。

     

    朝早すぎて人もまばら。

     

    そして暗い。

     

    bus terminal

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    陸橋を渡ってフェリー乗り場へ。

     

     

    途中、軍人が固まって警備?してた。

     

     

     

    窓口のおじさんから切符を買うもんだと思ってたら、コインを直接入れるタイプだった。

     

     

    待合場所には誰もいない。

     

    ferry

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    フェリーらしき船が出ようとしてたので、焦って全面の扉を開こうとした。

     

    後ろでさっきのおっちゃんが何か叫んでいたので、急げ急げと言ってると思ってさらに激しく扉をこじ開けようとした。

     

     

     

    次のフェリーが来るまで待てということでした。

     

    扉は鍵でガッチリ閉まってました。

     

     

     

     

    15分くらいするとお客さんも集まってきて、6:40くらいに出航。

     

     

    香港のフェリーと同じで15分くらいで30円くらい。

     

     

     

    徐々に対岸の夜景が見えてくる。

     

    night view

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    下船してからは宿を目指す。

     

     

    事前にデイユース的な使い方をお願いしている。

     

    早朝チェックインの同日夜チェックアウトだ。

     

     

    夜明け前なので通りに人がいない。

     

    street

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    建物に歴史を感じます。

     

    penang

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ポルトガルと中国文化の融合かな。

     

    building

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    グーグルマップの助けもあって、宿に着いた。

     

    いい雰囲気だ。

     

    hotel

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    鍵が掛かっていたので、扉をノックする。

     

    hotel

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    反応が無い。

     

    中は明るいので誰かいるはずだと思ってノックしたり呼んでみたりした。

     

    反応なし。

     

     

    仕方ないのでSkypeを使って電話する。

     

     

    出ません。

     

     

     

    どうしようもないので、しばらく時間を潰すことにした。

     

     

    ネットで見た有名なインド人がやってるレストランへ行ってみよう。

     

    24時間と書いてるけど、ほんとかどうかは怪しい。

     

     

     

    徒歩10分くらいで着いた。

     

    店というより露路を無理矢理店にしている感じ。

     

     

    有名インド人がいたので朝ごはん食べれるか聞く。

     

    残念ながら今はラマダンの時期で8:30オープンだそうだ。

     

     

    中途半端な朝めしは避けたかったので、近くのセブンイレブンでコーヒーだけ買って小さな広場で座る。

     

     

    海の方が少しずつ日が差してきたので、海岸に日の出を見に行くことにした。

     

     

     

     

    てくてく歩く。

     

    雰囲気のある家を発見。

     

    ホテルなのか学校なのか分からない。

     

    house

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    町中にこんな感じの家や建物があってとてもいい。

     

     

     

    どこからでも海に出れるわけでもなく、15分くらい歩いてやっと海岸に出た。

     

    sunrise

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    やっぱり日の出はいいですな。

     

    sunrise

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    レトロな街並みもあれば高層ビルもある。

     

    sea

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    大満足して宿に戻ることにした。

     

     

    念のためもう一度電話を入れた。

     

    今度は出た。

     

    オーナーではなく係の女性で、アーリーチェックインのことは把握していて行ってもいいとのこと。

     

     

    街並みを眺めながら宿方向へ。

     

    street

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    さっきと似ているけど、これは旗があるのでチベット系かな。

     

    house

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    宿に入れた。

    Moon Tree 47

    (1泊2000円くらい)

     

     

    ねこちゃん3匹がお出迎え。

     

    毛並みがいい。

     

    cat

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    無事チェックインして部屋に入る。

     

    オーナーのKentさんは、口コミ通り本当にいい人だった。

     

    room

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    風呂とトイレは共同だけど、こじんまりして居心地のいい部屋だ。

     

     

    シャワーを浴びてから朝ごはんを食べに行く。

     

     

    この宿には中庭にカフェもある。

     

    cafe

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そしてなによりフリーの自転車があるのが最高だ。

     

     

    出発!

     

     

     

     

    まずはインド料理屋だ。

     

     

    さっきの店に戻る。

     

    有名おっちゃんは不在でメニューもないのでチャパティーとチャイを注文した。

     

    50円くらいかな。

     

    breakfast

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    カレーをシンプルなのにしたこともあってあっさり、でも辛い。

     

     

     

    満腹まではいかなかったので、マレーシア朝食の有名な店に行こうと思ったけど混んでそうなので結局やめた。

     

     

     

    ペナン島で有名なウオールアートを巡る。

     

     

     

    宿でもらった地図には代表的なのしか載ってないけど、まずはそれから目指す。

     

     

     

     

     

    この辺は多そうだ。

     

    street

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    自転車2人乗り発見。

     

    壁が古くなっていて自然に背景となっているのがいい。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    巨大ネコ。

     

    韓国人女子2人がトライシクルツアーで壁画を独占していたのでそのまま撮った。

     

    ネコの大きさが分かって逆によかった。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    中国人ツアー客や韓国女子旅が多く、その人たちについていったらどんどん発見できる。

     

    助かりました。

     

     

     

     

    老舗っぽい中華料理レストランの壁画。

     

    絵と実物が融合してますね。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ひとまず港まで出てきた。

     

     

    昔の有力華僑が築いた橋が並んでいて、そこに集合住宅がひしめいている。

     

    bridge

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    もう一度戻ってネコさん。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    カラフルです。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    車が邪魔だったけど、これはこれでいい感じです。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    有名なやつです。

     

    子供の絵と、実物のイスと木漏れ日のバランスが絶妙だ。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    宿もそうだったけど、この島はネコが大好きみたい。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    アニメっぽいのもあった。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    その横にあったやつ。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    その後、少し時間かかって見つけた有名なやつ。

     

    かわいい。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    たくさんの人がバイクにまたがって写真を撮っていたので待ちました。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    壁画と針金アートとのコラボ。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして最後は我が宿の壁面にあるカンフー少女だ。

     

    でかい。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    右手の下が泊まっている部屋です。

     

     

     

    そのまま部屋に入る。

     

     

    宿のネコが入ってきた。

     

    cat

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    エアコンがあるので気持ちいいんだろう。

     

    なかなか出て行かないどころかスリスリ寄ってくる。

     

    さらにはベッドを占領しようとする。

     

     

    しばらくそのままにしといたけど、昼メシの時間になったので一緒に部屋を出た。

     

     

     

     

    また同じインド屋に戻る。

     

     

    マスターからオススメで聞いていたビリヤニを注文した。

     

    トッピングを追加していくタイプだ。

     

    米の部分が見えない。

     

    lunch

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    普通でした。。。

     

     

     

     

     

    午後はみやげ物でも見ようかとウロウロ。

     

     

    ケントさんに聞くと、さっきも来たこの辺が多いみたい。

     

    street

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    たしかにこじゃれた店が多かった。

     

     

    買わなかったけど。

     

     

     

    微妙な時間帯になったので、ここでもマッサージに行った。

     

    タイムサービスで60分600円くらい。

     

     

     

     

    夕方に宿に戻ってシャワーを浴びて、コンビニで買ったビールを飲んだ。

     

     

    たくさんの屋台が出るというカーニードライブに行こうと思ったらスコールが始まった。。。

     

     

    30分くらい待ったけど止みそうもなかったので強行。

     

     

     

    こんなとこにも壁画発見。

     

    art

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ものすごい土砂降りになったので、軒下で雨宿り。

     

     

    犬が震えながら寝てた。

     

    dog

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    途中にあったスーパーで持ち込み用にとビールを買った。

     

     

     

    2〜3kmくらい自転車をこいで、カーニードライブという地区?までやってきた。

     

     

    早すぎた?

     

    お客がいない。

     

    restaurant

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかも想像していた屋台街じゃない。

     

    屋台村が道路に面してたくさんある感じだ。

     

    restaurant

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    がっかりして来た道を戻った。

     

    street

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    チャイナタウンに戻って、トリップアドバイザーで有名な中華料理屋さんに行ってみた。

     

    激混み&激待ち。

     

     

    さばき方も下手そうだったので、あきらめて目についた店に入った。

     

    restaurant

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ビールと福建麺と炒飯を注文した。

     

     

    福建麺

     

    量は少ないし麺はゆるゆる。

     

    味はまあまあ。

     

    noodle

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    炒飯

     

    パラパラ感ゼロ。

     

    今までの最低ランクだ。

     

    fried rice

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    せつない気持ちで夕暮れの町を自転車で宿に戻った。

     

     

     

     

     

     

    帰りはペナン空港からクアラルンプールへ行って、大阪行きに乗り換える。

     

     

    ケントさんが弟さんをドライバーとして紹介してくれたので、通常1300円くらいするところが900円くらいで行けた。

     

     

    しかも、渋滞で有名な空港までの道が、ラマダン時期でみんな早く家に帰るので20時台はノー渋滞だった。

     

    弟さん情報です。

     

     

    道中もいろいろとペナンのことを教えてもらって楽しかったです。

     

     

     

    ペナン空港は想像以上に近代的だった。

     

    airport

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    それからはスムーズに乗り継ぎもできて、マレーシアリンギットもほぼ使い果たせて満足な弾丸旅行でした。

     

     

     

     

     

     

     

    おわり

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    tomoki * Malaysia * 23:29 * comments(0) * trackbacks(0) * -
    このページの先頭へ