<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 振り返り | main | 島へ >>

『なんにもないけどやってみた』

0








    渋谷109のギャル店で働いた後に海外を放浪し、

    そのままアフリカでボランティア活動をしている栗山さやかさんの本です。

    book


























    たまたま観たテレビ番組ですこぶる衝撃を受けて速攻で図書館で借りました。




    109と聞くと

    根性はあるけど興味あるのは服と遊びだけという完全な偏見を持ってた。



    彼女も働いてた頃はそうだったみたいです。



    でも

    根性自体がマネできないくらいすごい。


    店長になるまで、店長として1年間、という目標を事前に立てて

    実際にそれを実現してます。



    辞めてからは

    実家の金銭的な事情もあって、短大の学費を家に返すために

    昼はOL夜はバイトで働き続けます。



    そんなときに

    子供の頃からの地元の親友が癌で亡くなります。



    自分のことばかりで一杯一杯になって

    彼女に何もしてあげれなかったことに対して自己嫌悪に。



    このことがあって

    彼女は「欲しいものが物とかよりも自分の中身とか考え方のことになった」そうです。




    そして

    バックパックを背負って海外へ。



    アジア、ヨーロッパ、中東、そしてアフリカを回ります。



    エチオピアでは施設で7カ月間をボランティアで過ごします。



    そこは

    HIV、癌、アフリカ特有の奇病などの患者さんがほとんど最期までを過ごすような施設。



    彼女はどんなに酷い状態の患者にも平等に愛情を持って接したそうです。


    そのころの患者さんの看護日記が本には書かれています。


    正直、読み進めるのがつらかったです。


    自分には絶対できないと思いました。


    もちろんそんな彼女は患者さんからとても好かれます。


    彼女には

    人の優しさに気付く才能

    人の良い点を見つける才能があると思います。



    でも

    日常にある患者さんとの死に出逢う度に

    もっとできることがあったのにと自己嫌悪に陥る毎日。



    そんな経験を通して現在、

    モザンビークでアシャンテママという協会を立ち上げています。


    一番弱い立場にある困窮した女性や子供たちに

    教育の機会と自活していく方法を支援しています。


    本に書かれてますが

    10項目以上の支援方法があって、単に物を与える援助ではないことが分かる。


    彼女曰く

    「物とかは人に盗まれちゃうけど、得た知識は誰にも盗まれることはないし。」


    迫害を受け続けた

    ユダヤ民族の考え方と同じです。


    そして

    扶助だけではなく、互助、そして自助につなげていく考え方です。



    僕の大好きな考え方だ。




    運営資金は

    彼女の自己資金と今は寄付で行われている。



    自分の食費くらいはというので

    週に2日は私立の塾で英語教師をしながら

    それ以外の日を協会で働いているそうです。



    自分に出来ないことが出来る人を尊敬します。


    それが公のためになることなら更に応援したくなります。


    自分には絶対マネできないことをやっている彼女を応援したいなと思いました。



    何か行動に移します。














    【Words】

    "死生観を大切にしなさい"


         奥田 硯





    20代の頃に

    ある雑誌で読んで今も心に残っている言葉です。



    当時、トヨタの会長だった奥田さんが

    若者に向けてのメッセージを頼まれての発言でした。





    死は必ず来るから

    そしていつ来るか分からないから

    目的や志を持って一日一日を過ごさないといけない。


    僕も

    20代の時に大病にかかって長期入院をしたことがある。


    その頃から

    人生を考え始めた記憶があります。




    死生観は

    自分や近い人の死に近づいた時に強く身に付くようです。


    一度、死を宣告されたスティーブジョブズも

    「死は人類最大の発明だ」と言ってました。









    tomoki * Reading * 09:47 * comments(1) * trackbacks(0) * -

    コメント

    悔いなき人生を…
    改めて強く強く胸に抱き
    初心に戻れた気がした!
    ありがとう!

    nov.mk@ezweb.ne.jp
    Comment by nov.mk@ezweb.ne.jp @ 2013/03/28 1:25 PM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ