<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2018夏旅ァ淵轡戰螢鉄道2) | main | 2018夏旅А淵皀好ワ) >>

2018夏旅Α淵ぅ襯ーツク)

0

     

     

     

     

     

     

    イルクーツク駅。

     

    IMG_1893.JPG
     

     

     


    駅でキャッシングした後、タクシーの客引きを振り切ってトラムでホテルまで行くことにした。

    橋を渡って市街地へ。

     

    IMG_1897.JPG
     

     

     

    30分程で最寄駅に到着。

     

    どこまで乗っても15ルーブル!

     

     



    ここから宿まではグーグルマップが頼りだ。



    口コミで全員がすんなり入れなかったとあったので超心配。

    しかも事前にメールしたのにレス無し…

     

     

    ここであろうマンションの入口までは来た。

    でもオートロックで入れない。

    たまたま女性が電話で話していたので聞いてみた。

    英語話せず。

    身振り手振りで説明すると分かってくれたみたいで入口を開けて3階のホテルのとこまで連れて行ってくれた。

    しかも中まで。

    ここからグーグル翻訳を使う。

    ホテルのスタッフかと思って聞いたら違うとのこと。

    それ以上は翻訳能力の限界で意味が分からない。
     

     

     

    彼女が宿泊客というのは後で分かった。

    最終的に電話をしてくれて少し待ってからスタッフが来た。

    やっとチェックインできた。

    Mini Hotel London Eye

    1泊4000円くらいだけどめちゃいい部屋だ。

     

    IMG_1898.JPG

    広いしきれいだし、共用キッチンや広いベランダがある。

    洗濯機は使い方が分からなかったけど、同じ宿泊のおばちゃん達がやってくれた。

    乾燥機はタイミング悪く故障中らしく共用のベランダに干した。

     

     


    宿泊客は写真を撮られて、壁面の世界地図の自分の国にピンを刺す。

     

    IMG_1904.JPG

    日本人は自分で3人目だ。

    IMG_1905.JPG
     

     

     

     

     

     

     

    ひと通り落ち着いたので観光へ。

    この時点で17時過ぎ。

    でも日没が20時半くらいなので大丈夫。

     

     



    今度は最寄のバス停からバスに乗ってキエフ広場まで。

    硬貨の種類が分からなかったので隣に座ってたプーチン似のガタイのいいおじさんに聞いてみた。

    もちろん英語話せず。

    身振り手振りで分かってくれたみたいで身振り手振りで教えてくれた。

    何回ももやってくれるので面白かった。

    スマホを触ってると身振り手振りでそれは良くないこれの方がいいと自分のガラケーを見せる。

    その仕草がさっきと同じなのが滅茶苦茶よかった。


    プーチンさんのおかげで無事に支払って降りることができました。
     

     

     


    花がいっぱいのキエフ広場です。

     

    IMG_1906.JPG

     

     


    美しいです。

     

     

     


    何かの記念碑だ。

     

    IMG_1909.JPG

     

     

     

     

     

    川が見えたので行ってみる。

     

    IMG_1911.JPG

    大きいなあ。

    IMG_1912.JPG

     

     

     

     

     


    ここからは教会巡りが続く。

     

    IMG_1913.JPG

     

    IMG_1914.JPG


    IMG_1919.JPG

     

    IMG_1921.JPG

     

     

     

     

     

     

    イルクーツクはシベリアのパリと呼ばれるだけあって街並みが洗練されている。

     

    IMG_1929.JPG

     

    IMG_1935.JPG


    IMG_1939.JPG

     

    IMG_1940.JPG

     

     

     

    そして女性もお洒落な人が多かった。

    スタイルがいいからかなあ。

    すごくカッコよく颯爽と歩くおばあちゃんもいた。

    総柄のイエロープリントのロングワンピースとハットを被って。

     

     

    南の方へてくてく歩く。

     

    IMG_1942.JPG

     

     

     

     

     



    メイン通りのカールマルクス通りにあるスーパーで晩めしを購入した。

     

    IMG_1937.JPG

    パンと惣菜、ビールはサーバーからペットボトルに詰めたもの等、全体的に安かった。

    助かります。

     

     

     

     

     

    最後に昔の街並みを再現した130地区に行ったけど普通のショッピングモールみたいだった。

     

    IMG_1946.JPG

     

    IMG_1947.JPG

     

    IMG_1948.JPG

     

     

     

     

     

     

    最後の教会を見て締める。

     

    IMG_1949.JPG

     

     

     

     

     

     

     


    バスで部屋に帰って飲み食いした。

     

    IMG_1950.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    昨日あんまり寝れてなかったので飲みながら意識が遠のいていった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    つづく

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    tomoki * Russia * 23:41 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ