<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 氷ノ山トレイルレース | main |

氷ノ山トレイルレース

0

     

     

     

     

     

     

    2時前に目が覚めた。

     

    いい感じだ。

     

     

    早速日課のコーヒーを飲み始める。

     

    当日はカフェインレス。

     

     

    テレビをつけると久しぶりのカウントダウンTVだ。

     

    コーヒーを飲みながら見る。

     

     

    朝食は今回初めての惣菜パンだ。

     

    3個食べて小さなヨモギ餅を4つ食べた。

     

     

    普段朝食を食べないので、おにぎりよりこっちの方がいい。

     

    これからはこれにしよう。

     

     

     

    4時に宿のお父さんが車でスタート会場まで送ってくれた。

     

     

    10分程で着いた。

     

     

    寒い。。。

     

    ユニクロダウンを持ってくればよかった。

     

     

    寒いので歩いているとプレハブ小屋の更衣室を発見。

     

    中に入ると先客は1人。

     

     

    奥に電気ストーブがある!

     

    早速つけて暖を取る。

     

     

    同宿だったタチバナさんに教えに行こうかなと思ってたら、すごいタイミングで部屋に入ってきた。

     

    その後、僕ら以外は誰も来ず。

     

    完全に穴場でした。

     

     

     

    スタート時間が近づいたので外へ。

     

     

    早く始まってほしい。

     

    IMG_2735.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

    朝の気温はおそらく10℃前後、昼は22℃くらいになるらしい。

     

     

    ソフトシェルは脱いで長袖トップスで走ることにした。

     

     

     

     

    5時スタートです。

     

     

     

    しょっぱなから上り基調だ。

     

     

    ゲレンデに入って急斜面が続く。

     

    IMG_2740.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

    最初の鉢伏山の頂上に近づく頃には空が赤くなってきた。

     

    IMG_2741.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして頂上へ。

     

    IMG_2745.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そこから下って上ってを繰り返してると朝陽が。

     

    IMG_2751.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

    神々しいです。

     

     

     

    ススキの山肌もきれいです。

     

    IMG_2753.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    日が完全に昇った。

     

    IMG_2761.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    朝焼けに照らされた山を走るという贅沢。

     

    IMG_2763.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    最高です!

     

    IMG_2764.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    氷ノ山越を過ぎてからはロードと林道が多かった。

     

     

    今回は急な登り以外は超スローペースで走ることにした。

     

     

     

     

    ブナ林の美しさに助けられた。

     

    IMG_2773.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    快晴です。

     

    IMG_2776.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    これなら急な登りも全然苦じゃなかった。

     

    IMG_2779.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    幻想的な中を走る気持ちよさ。

     

    IMG_2780.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ススキがこんなに美しいとは。

     

    IMG_2787.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    思わず一枚。

     

    IMG_2790.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    と、かなり調子よかったんだけど。

     

     

    50km付近で左膝に違和感が。

     

     

    頻繁に屈伸を入れながら走ることにした。

     

     

     

    膝の外側が鈍く痛み出す。

     

     

     

    だめだ。

     

     

     

    走れる舗装道路と林道なのに走れない。

     

     

    歩くのは痛くないので極力早足で進むことした。

     

     

     

    登りは問題無いので、上りで30人抜いて平地と下りで30人以上に抜かれる感じだった。

     

     

     

    60kmのチェックポイント前では歩くのも痛くなった。

     

     

    リタイアの文字が頭に浮かぶ。

     

    昨年の山中温泉トレラン大会に続いてOSJ2連敗か。。。と考えると悔しすぎる。

     

    でも歩くのも痛いとどうしようもできないしなあ。

     

     

     

    とか頭の中でいろいろ考えながらチェックポイントに到着すると膝の痛みがマシになってる。

     

     

    時間を見ると歩いてもなんとかなるかも。

     

     

     

    よし行ってみよう!

     

     

    上りと平地は左足をちょっと引きずるように歩いたら大丈夫だということが分かった。

     

    下りは1歩1歩進むしかない。

     

     

    ある意味ラッキーだったのが、最後の18kmは上りが多い。

     

     

    特に舗装路の上りは足を引きずりながらも20人くらいは追い抜いたと思う。

     

     

     

    最終チェックポイントを過ぎてからの山登りはそれも通用せず。

     

     

    痛みに耐えながらの一歩一歩で登りでも抜かれるようになった。

     

     

     

    秋のお月さまとススキのコンビネーションに癒されながら何とか鉢伏山の頂上まで登りきりました。

     

    IMG_2794.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    さて、ここからが地獄でした。

     

     

    標高1200mのゲレンデ頂上から激斜面を下る。

     

     

    半端ない痛みです。

     

     

    できれば横になって転がり落ちたいと何度も思った。

     

     

    ガスで視界が限られた中をそれこそ一歩一歩です。

     

     

     

     

    ゴール200m前の平地で何故か足が軽くなって最後はランでゴールすることができた。

     

     

     

    フィニッシャー豚汁を頂いた後にゴールゲートで記念写真です。

     

    IMG_2799.JPG

     

     

     

     

     

     

     

    完走できただけ良しとしよう。

     

    IMG_2800.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    宿に電話して迎えにきてもらう。

     

     

     

     

    膝以外は体力に余裕があったので風呂後のビールが美味かった!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    課題多しだけどUTMFまであと1ポイント!

     

     

     

    年明けは香港だ!

     

     

     

     

     

     

     

     

    おわり

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    tomoki * trail running * 23:45 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ