<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ビッグ・クエスチョン』 | main | 走り初め(王子公園〜摩耶山〜三宮) >>

『モンテクリスト伯 銑ぁ

0

     

     

     

     

     

     

    宮本輝が連載している愛媛新聞を図書館でまとめ読みしている。

     

    その小説の中で読書の入門本として紹介されていた「モンテクリスト伯」を読んでいる。

     

    モンテクリスト伯.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    大昔の日本でも「巌窟王」というタイトルで広く読まれたらしい。

     

     

    初めは、いつものように外国の言い回しに慣れず読みにくかった。

     

     

    主人公の幸福の絶頂から地獄の日々への転落までは悲しすぎる。

     

    監獄での1人の司祭と出会ってから面白くなってきた。

     

     

    そこからはグイグイ引き込まれていった。

     

     

    絶望の中で希望を見いだせる人間は少ないだろう。

     

    アウシュビッツ収容所の人たちを思い出す。

     

     

    希望を糧にする者もいれば復讐を糧にして生き残る者もいる。

     

    本作主人公の華麗なる復讐劇がちょっとしたミステリーのようでページをめくる指が止まりません。

     

     

     

    まだ全巻の半分くらいだけど。

     

     

    本の画像検索で、ちょっと前に日本版にリメイクしたテレビドラマをやってたことを知った。

     

    これはちょっと難しいんじゃないかなあ。

     

     

     

    後半が楽しみです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    tomoki * Reading * 10:40 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ