<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018夏旅(モンゴル2)

0

     

     

     

     

     

     

    6時に目が覚めた。

     

    ガーミンでチェックしたら9時間40分も寝てる!

     

    昨日が充実してたこともあって体調パーフェクトだ。

     

     

     

    朝食もガッツリ食べる。

     

    先に食事してた南アフリカから来たという女性と話した。

     

    モンゴルで大会に出るというのでもしかしてトレラン?と聞いたらビンゴでした。

     

    100kmを制限時間18時間とかなりハードです。

     

    100kmは初めてだけど頑張るわと言ってました。

     

    南アフリカでのテーブルマウンテンやトレランの写真も見せてもらった。

     

    洗練された感じの素敵な女性でした。

     

     

     

     

    今日は日本人墓地というより慰霊碑を訪れる。

     

    宿の若者にもバスでの行きかたを確認してもらった。

     

     

     

     

    宿から徒歩10分くらいにある27バスの停留所で待つ。

     

    時刻表はない。。。

     

    そういえば、さっきの若者が日本に行って交通機関が定刻通りなのがアメイジングだったと言ってました。

     

     

    それほど待たず9時ジャストに乗った。

     

    運転手にここで降りるから教えてとボディーランゲージで伝える。

     

     

     

     

    30〜40分程揺られてネットで見た風景まで来た。

     

    ここかなと席を立つと運転手からまだだのジェスチャー。

     

     

    何回もか繰り返しながら最後は入口のほんとに手前で降ろしてくれた。

     

    IMG_1768.JPG

     

     

     

     

    たぶんバス停ではないとこなのに。

     

    運転手さんの親切さに感動です!

     

     

    しかも降りてから周りの風景を写真に撮ろうとしてたらバスのドアから体ごと乗り出して客があっちだぞーと叫んできた。

     

    たぶん運転手が言わせたんだと思う。

     

    超感動です!

     

    モンゴルに来てよかった〜

     

     

     

     

     

    坂道を上がるとすぐに簡易な門がある。

     

    IMG_1769.JPG

     

     

     

    たぶん管理人の住居であろう建物も見えた。

     

    IMG_1770.JPG

     

     

     

     

    管理人らしき女性があちこちを掃除してた。

     

     

     

    あいさつをして見て回った。

     

    施設は山の中腹の高台にあります。

     

    IMG_1776.JPG

     

     

    IMG_1775.JPG

     

     

     

     

     

    これらがメインの碑です。

     

    IMG_1771.JPG

     

    IMG_1773.JPG

     

    IMG_1774.JPG

     

    石盤にはモンゴルの地図と矢印が。

     

    IMG_1772.JPG

     

    矢印は、この地で亡くなった人たちが帰りたくても帰れなかった祖国日本の方角を指しているとのことです。

     

     

     

     

    木簡に書かれた「諸士よ 祖国日本は見事復興しました」を見た時は込み上げてくるものがありました。

     

    IMG_1781.JPG

     

    IMG_1782.JPG

     

    どんな想いでこの地で亡くなったのかは想像はできるけど実感はできません。

     

    ここでは手を合わせることだけです。

     

     

     

    モンゴルで亡くなった1000名余りの名簿もありました。

     

     

    この施設を現地の方が毎日きれいにしてくれてます。

     

    感謝です。

     

    IMG_1777.JPG

     

     

     

    少額の御布施をして最後に管理人にお礼を言って門を出ました。

     

     

    高台からはいい眺めが広がってました。

     

    IMG_1783.JPG

     

    IMG_1784.JPG

     

     

     

     

    帰りは正規のバス停まで数分歩く。

     

    10分程待って同じく行きと同じ27番バスに乗った。

     

     

     

     

     

    行きたいカフェレストランがあったので、グーグルマップを見ながら近そうなバス停で降りた。

     

     

     

     

    トコトコ歩いてzochin cafe

     

    チェーンで安くてメニュー豊富らしい。

     

    バンズとボーショールを注文した。

     

    ビールは無い。

     

     

     

     

    ネットをしながら待つけど来ない。

     

     

    後の客が同じボーショールを先に受け取ったのを見て言いにいった。

     

    注文漏れてます。。。

     

    すぐ作ると言ってしばらくしてからマネジャーらしき女性がバンズの在庫が切れてて時間がかかる的なことを言ってきた。。。

     

    どれくらい?と聞くとモンゴル語で返答するので分からない。

     

    すると横席にいたカップルの若者が15分と英語で教えてくれた。

     

    既に30分は待ってるしシベリア鉄道の買い出し時間もあるのでバンズはキャンセルして早くできるラーメンにした。

     

    新たな会計で値引きしてくれてました。

     

    いいね。

     

    料理はビミョー

     

    IMG_1787.JPG

     

     

     

     

     

    食べてるとさっきのカップルの女性がたどたどしい日本語で話しかけてきた。

     

    よく分からなかったけど一緒に話しながら食べましょうとのこと。

     

    正直ちょっと警戒しながら同じ席に座った。

     

    彼女はスクールで日本語を学んでるみたい。

     

    彼は英語が少し分かる。

     

    2人曰くカップルじゃなく友達とのこと。

     

    ほほお

     

    なんやかんや色々話した。

     

    来年の3月に日本を旅行するかもと言ってた。

     

    さすがに怪しくないなと思い彼とfacebook交換をして大阪に来たら案内するよと言って別れた。

     

    爽やかカップルでした。

     

    IMG_1803.JPG

     

     

     

     

     

     

    それからダッシュでスフ広場へ。

     

    IMG_1788.JPG

     

     

     

     

     

     

    ノミンデパートで食料買って宿に戻ってシャワーをして出発の準備。

     

    この日も部屋が空いてたので出発直前まで使わせてくれた。

     

     

    しかも駅までタクシーで無料送り。

     

    IMG_1790.JPG

     

     

     

    シベリア鉄道の切符も事前にメールでお願いしてオーナーが購入してくれました。

     

    パーフェクトな宿です。

     

    本当にお世話になりました!

     

    I love Mongolia, I love Mongolian people!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    つづく

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    tomoki * Mongolia * 23:19 * comments(0) * trackbacks(0) * -
    このページの先頭へ